ルネサス基金の加入者であった方制度の運営・給付について

ルネサス基金における指標利率・再評価率の改訂により、下記のとおり運営が異なりますので、ご留意ください。

退職時期 指標利率(利息・給付に用いる率)
2015年3月31日以前 前1年間に発行された10年国債の応募者利回りの平均値。
但し、1.5%又は厚生労働大臣が定める率のいずれか高い率を下限とする。
2015年4月1日以降 前1年間に発行された10年国債の応募者利回りの平均値。
但し、厚生労働大臣が定める率(当該率が0.0%を下回る場合にあっては0.0%とする)を下限とする。


手続きのご案内

 ●60歳を迎える方
  年金受給に必要な手続きは、皆様の60歳到達月に、ルネサス基金から郵送します。
  書類が届いたら、内容を確認いただき、記入・準備いただきますようお願いいたします。
 ●待期中の残高を一時金で受給する場合等
  皆様からのお申し出に基づいて、必要な書類を郵送します。
  一時金での受給を希望される場合は、事前に電話でご相談いただきますようお願いします。


標準日程(60歳到達時/65歳到達時)

 皆様の受給開始時期に合わせ、下記の日程で手続きを行います。
時 期 内  容
誕生月の月初 ルネサス基金から皆様に、給付のご案内を郵送します。
誕生月の月末まで 必要書類を記入・添付の上、ルネサス基金に提出して下さい
誕生月の翌月 ルネサス基金にて書類確認、信託銀行への振込手続きを行います。
誕生月の2〜3ヵ月後 一時金振込(一時金を選択した方)を行います。
誕生月の3ヵ月後の初旬 年金の初回振込(年金を選択した方)を行います。
年金開始後の毎偶数月初旬 年金の第2回目以降の振込を行います。
 ※お申出による申請の場合は、個別に日程をご案内致します。

 このページの先頭に戻る


様式の記入例

 ご案内の必要書類については、以下の記入例をご参照ください。
様式名 記入例
ルネサス企業年金基金 振込先指定書(一時金裁定請求書)
ルネサス企業年金基金 振込先指定書(年金裁定請求書)
住民票記載事項証明願
   60歳到達前に一時金を受給したり、年金受給を開始(年金受給は退職時の年齢が50歳以上の場合のみ)することもできますので、ご希望される場合は事務局にご連絡ください。

 このページの先頭に戻る


『現況届』による給付の確認

 年金受給中の皆様には、毎年の誕生月に『現況届』を提出いただきます。
 誕生月の前月末までに、三菱UFJ信託銀行から、通知が届きますので、必要事項を記入し、切手を貼って、
 ルネサス基金宛に郵送してください。
 現況届が提出されない場合は、年金の給付を一時停止させていただいています。

  ※切手を貼らずに発送した場合、はがきの受取りはできますが、皆様から切手を改めて送付いただく
   ことになります (62円切手を封筒に入れ、封筒には82円切手を貼って郵送いただいくことになり、
   二重に切手代が発生することになります) ので、切手を貼り忘れないよう留意下さい。

 このページの先頭に戻る


受給権者が亡くなられた時

 年金受給中にご本人が亡くなり残余期間がある場合、または受給開始前に亡くなられた場合は、ご遺族に年金または一時金を給付致しますので、ルネサス基金にご連絡お願いいたします。

 このページの先頭に戻る